超重要!中古車の人気色・不人気色(カラー)と価格の関係

現在、街中を走っている車のカラーリングは主なものだけでも数十種類、車種特有の細かい色の違いなどを含めるとその数は更に増えていきます。

当然、中古車を選ぶときにも自分の好みや、使用用途、または車種に合った色を選択することになりますが、果たして人気の色はどんなもので、反対に不人気なものはどんな色なのでしょうか。

それこそ国や地域性、そして年齢や性別でも変わってくるのですが、今回は日本で一般的にに人気とされている色や、不人気で中古車相場も安めに設定されることの多い色などについて、詳しく説明したいと思います。

中古車で人気のある色、すなわち人気色とはどんな色?

日本の中古車市場に置ける人気色はどんな色なのでしょうか?絶対の法則ではありませんが、人気のある色ほど需要が高い=高査定高価格になる傾向があります。

あらゆる車種で絶対的な人気を誇る白(ホワイト、パールホワイト)

世界一売れている自動車の色はダントツでやはり「ホワイト」です。当然ながら、中古車市場でもホワイトの評価は高く、これは世界の各国も日本も変わらない事実です。日本では特にお国柄なのか「無難に白」、とりあえず白にしておけば間違いないみたいな風潮もあります。

他にはまず飽きがこないこと、傷が目立ちにくいことなどがその理由としてあります。パールホワイトに関しては「3コートパール」などもあるため塗装自体の価値が高いといった特徴もあります。

また一概にホワイトといっても、単色のソリッドホワイトから真珠のように輝く粒子を塗料に混ぜたパールホワイト、更にはクリーム系の物までさまざまですが、いずれも自家用、業務用問わず絶対的人気を誇っています。

ただし営業用のバンに見られるようなソリッドホワイトは、手入れを怠ると短期間で太陽光線によって起きる塗装劣化(チョーキング)で粉を吹いたようなつや消し状態になってしまいます。

このような状態になってしうと価値が落ちてしまうので、設定色でパールホワイトとソリッドがある場合はパールを選んだ方が塗装のトラブルが少ないでしょう。

需要が安定しているため、売ったときの価格=リセールバリューも高く、単に白が好きだからという理由だけではなく、乗り換え前提で車を購入する人に関しては「売るときに高い色だから」という理由で白を選ぶ人も実は多いのです。

車種によっては特に人気の高い黒(ソリッドブラック、メタリック、パール)

高級セダンや一部ミニバンなどで圧倒的な人気を誇るブラック。特にトヨタのソリッドブラックは「漆塗りの黒」と呼ばれるほどの存在感を示す濡れたような質感の黒で非常に美しいです。このことから非常に高い人気を誇っています。

人間がかしこまった席で着用する礼服が黒なのからも分かりますが、凛として重厚感があり、引き締まったイメージを抱かせるブラックは、自動車にまぎれもない高級感を与えてくれます。

白や黒は個性がない色として揶揄されることもありますが、事実上の人気カラーであり需要が高く、当然の如く買取価格も高いのです。白と同じように車検ごとに買い換えるようなリッチユーザー層からも「売るときに高いから」という理由でも高い支持を受けている色です。

安定感のある色、間違いのない色であるシルバー

最近になって元気のないシルバー系のカラーですが、年齢層別で見るとまだまだ全体的な需要は高く、海外でも安定した需要があり、実は2011年まではシルバーがホワイトを凌ぎ世界的にはNO.1だったほどです。

落ち着いた色合いのおとなしめの銀色が種ですが、昔は「ガンメタ」なんていわれ方をしていたメタリックなグレー系統ものもシルバーに一応含んでよいと思います。

このシルバー最大の特徴は、汚れや小キズが他のカラーに比べてかなり目立ちにくいことなどから手入れが抜群に楽だということです。

黒は小キズが目立ちて入れがシビアですし、白は白で汚れが目立ちやすく、落ちない汚れなども目立ちやすいため古く見える原因も多くなってしまうのです。そういった色による煩わしさからシルバー系を選ぶ人も少なくないです。

当然ながらこういった需要が一定数あるため、黒や白のように飛び抜けて買取価格や販売価格に差が出る色ではありませんが、よくも悪くも安定しています。

有名人のパワーによって左右されるイメージカラー(CMなどで使用されている色)

意外と奇抜な色なのに人気が出るといったケースでは、イメージカラーがあります。イメージカラーとは新車発売当時にCMで有名人とともに車が使われたりすると、CMのときに使用された車の色が強く印象に残ります。

イメージカラーは新開発の色だったりするのですが、普通であれば人気があまり出ないような色であっても、出演している有名人(芸能人やスポーツ選手)の知名度や印象によって人気が出るケースが意外と多いのです。

車が新しいうちは人気があり中古車としても人気色となりえますが、次第にイメージカラーの印象が薄くなっていき人気が落ちてくるパターンと人気を維持し続けてプレミアム化→白や黒と並ぶ価値が出るカラーになるというパターンに別れます。

人気が落ちてきてしまったパターンでは売るときには悲しい想いを、中古車として買うときには意外と相場よりも安くなるお買い得車となる可能性があるカラーの一つと言えます。

それぞれの色(カラー)での注意点

以上3つの色はそれぞれ確かに人気を集め、中古車相場も買取価格も高い傾向がみられますが、いくつかその管理に注意しなければならないことがあるので、ここで説明しておきます。

ホワイトはとにかく汚れが目立ちやすい

キレイな状態であれば、清潔感に加えて品の良さまで感じられるホワイトですが、一度汚れが着くとすぐにそれが目立ち、酷い時には反対に不衛生で、洗車などの管理が行き届いていない証拠のようにすらなってしまいます。

また、ホワイトの車種にお乗りの方なら共通の悩みとしてお持ちと思いますが、雨上がりに放置したことでついてしまう、しつこい「水垢」。この水垢、ドアミラーやドアハンドルの下辺りから垂れて黒い線のようになることとから「雨垂れ」などと呼ばれることもあります。

正体は部品から出てきた油分を雨水が拾ってしまい、油分に汚れが吸着するとあの汚れになります。

きれいに落としきるのが大変な上、そのままにしておくとさらに強固にへばりつき、染み付いて取れなくなると、せっかく人気の色なのに買取などで「マイナス査定」の原因になってしまうこともあります。

これらを防ぐには、とにかくまめな洗車が必須です。高性能のコーティング剤でかなりメンテナンスが楽になりますが、ここでは高性能コーティングの説明は割愛させていただきます。

「目立たない=気がつかない」が落とし穴のシルバー系カラー

シルバーは全カラーの中でも特に汚れや小キズが目立たない色です。そのため「見た目」を気にしての洗車などの回数は少なくてすみ、それはこのカラーのメリットのひとつではあります。

ただし、目立たないだけで色々な汚れがついているのは他のカラーと全く同じ。放置すると水垢やウォータスポットなどはしっかりついて、これまた買取査定時の「マイナス材料」にしっかりなります。

逆を言えば購入時もこういったこびりついた汚れをしっかりチェックしておかないと、見逃してしまうことがあるので注意しましょう。

 黒、濃色系のカラーは洗車知識が必要で維持は大変

セダンや高級ワンボックスにいたっては絶大な支持を集めるブラックですが、とにかくその柔らかい塗料の性質上、洗車によって小キズが入ってしまうことが多いのが最大のデメリット。しかも、PM2.5や黄砂など「粒子状」の汚れが目立ちやすい事から、その高級感を生かすためにこまめに洗車をしなくてはなりません。

ですがこのとき、しっかりとボディーについた粒子を水で取り除く「予備洗浄」をせず、洗車機にそのまま突っ込んだり直接ごしごしと洗車をすると、その粒子状のものがさながら磨き砂のようになり、柔らかいブラックの塗装面をどんどん傷つけてしまいます。

特に背の高いワンボックスは大変なので、手抜きしたくなってしまいます。現行車では手抜きを良しとする「高硬度塗装」「自己修復塗装」も出てきていますので昔ほどシビアではないですが、手抜きした分だけクルマが痛むのには変わりありません。

今の時代は手洗い洗車オンリーで手入れする人も減ってきていますし、洗車機自体の素材も昔のように硬いナイロンブラシからムートンブラシ、布ブラシ、スポンジブラシへシフトしています。ナイロンブラシの洗車機を設置しているような洗車場は利用しないようにしてなるべく洗車キズを増やさないように維持しましょう。

また、水分を拭き取らないで放置した時にできる「ウォータースポット(正確にはイオンデポジット)」も目立ちやすくとにかく手入れに四苦八苦し、それなりの美観を維持するためには洗車関連の知識が不可欠といえます。

不人気の中古車の色とは?

 ここまで人気の色について説明してきましたが、反対に不人気傾向が見られるカラーとはどんなものでしょうか。ここからは、その利用価値なども合わせてみていきましょう。

レッド・イエロー・ブルー・グリーンなどの原色

トヨタのスープラや日産フェアレディーZ、そしてマツダRX-7など往年のスポーツカーではレッドやイエロー、ブルーといった「アクティブさ」をアピールできるカラーが人気を集めていました

しかし、それも今は影を潜め、一部スポーツカーなどでは人気を維持しているケースはありますが、基本的に目立ちすぎるこれらは上記で紹介した3色に比べると「不人気」な色となってきています。

当然売るときの査定価格も厳しい状態になることを覚悟すべきです。反面、中高者を購入するという立場であれば、人気カラーの相場に対して同程度の中古車であっても安く購入できるというメリットも存在します。

乗り潰すという決意で購入する場合は、実はメリットしか無いという状況も生まれるのが、中古車を購入するときならではです。

新車はカラーによって安くなることはまずありません。安くなるとしたら展示車などの未登録長期在庫車の可能性があるので注意が必要です。

もともと設定になかったカラーリング

「中古車検索サイトや雑誌、実店舗を何気なく覗いている時、または街を走っている車を見ていて「あれ?この色珍しくない?」と思ったことありませんか?実はそんな車体の中には、もともと新車発表時には設定されていなかった色に「全塗装」されている可能性があります。

この大きな理由は2つ、1つ目は購入者の完全なる趣味趣向でワザワザ資金を出して塗り替えられた車体。そしてこちらのケースのほうが多いのですが、広範囲に及ぶ色はげや色落ちなどで見た目が悪くなったことでの、様は「アラ隠し」のための全塗装です。

白や黒など、ほとんどの車種に設定されている色で全塗装されている場合は素人目に見分けるのは不可能ですので、購入したとしても買取査定額を気にしないならそれほど問題はありません。

が、あまりに見たことの無い色で塗り替えられているものは、そもそも奇抜すぎて恥ずかしいという事もありますが、何かしらのトラブルがあった中古車の可能性もあるため、少し注意しておかないといけません。

人気の色は車種でも変わる!

ここまで、人気不人気それぞれその具体的な色を挙げて説明してきましたが、それはあくまで総合的な話。車種を限定すれば、少しそれは変わってきますが、これは海外にはない車種やカラーリングのバリエーションが多い、日本ならではの要素だといえます。

キュートで優しいイメージを抱かせるピンクやモスグリーンなども、本来は不人気な色とされるカラーですが、女性向けの車種であるラパンやマーチなどでは人気のカラー。

また、レッドやイエロー、ブルーが持っているアクティブなイメージは、最近ブームになっているダイハツのウェイクやスズキのハスラーなどといった、アウトドア派から人気をあつめる車種のカラーとして、オレンジなどと共に新たな市場を築きつつあります。

他には上でも書いたイメージカラーに該当するようなカラーの場合も同じことがいえます。

不人気な色こそ「お買い得な中古車」になる

いくら色が不人気だといってもいくつかメリットも出てくるので、最後にここで触れておきます。

目当ての車種を安く買えるときがある

今まで述べてきたとおり、中古車には同じ車種でもその色で人気が大きく変わり、その販売、買取相場も大きく変わってくることがあります。そのためできれば人気カラーの中古車を買いたいところですが、それも人それぞれ。

新車のときには同じ価格でも中古車になると、色以外の条件がほとんど同じ中古車出会っても10万20万の差がつくことも珍しくありません。

例え不人気でも、車種が気に入っていて色にはこだわらない、という場合では反対に安く買えて良い買い物になったというケースも多くあります。

事故発生率との関係

実は人気カラーの1つであるブラックは、膨張食であるため大きく目に写り目測を誤ったり、夜間闇にまぎれやすいことから事故率が高いカラーとされています。

事故率が高いカラーと言うことで敬遠される人は極僅かかと思いますが、参考までに一応データとして書いておきました。

反面、不人気カラーはそのどれもが良くも悪くも派手、小学校低学年の子が着用する黄色の通学帽ではありませんが、目立つことはそれだけ早く発見されて事故回避に繋がっているようです。

目に付きやすい、目立つことがメリットになるケース

また、少々おまけ的な要素ですが、他の車と紛れやすいホワイトやシルバーに比べて大型ショッピングモールなどで駐車したとき、見つけやすいというメリットもあります。

さらにこれには、周りの買い物客や警備員などから否応なく目が届きやすいという観点から、車上荒らしや車両そのものの盗難防止にも役立つという調査結果もあります。

中古車ならではの車選びができる

新車に比べるとリセールバリュー、すなわち売ったときの価格を気にして買う必要がありません。新車h人気色であっても不人気色であっても基本価格は同じです。しかし中古車は人気に見合った価格が設定されます。

新車を購入するときに新車販売スタッフからは必ず人気カラー推しがあるはずです。勧めてこない営業マンは良く言えば余計なことを言わない控えめな営業マン、率直に言えば駄目な営業マンです。

理由は台替えを促進するときに査定価格が高く付くため、台替え受注を獲得できる可能性が格段に上がるからです。それに比べて中古車の場合は人気も価格の一部になっていますので、不人気色が気にいった色であれば、売るときの価値を考えず非常にオトクな買い物ができます。

中古車選びにおいて知っておくと得する色についてのまとめ

全世界的に見てもホワイト、シルバーそしてブラックが「3強」ですが、なぜか世界第2位の人口を誇り近年その自動車市場の拡大に注目が集まるインドでは、圧倒的にグレーが人気だったりします。
なんにせよ人気、不人気関わらず最後は自分の好み、ここで紹介したそれぞれの特徴をふまえつつ、自分にぴったりのカラーを見つけ出し、カーライフをエンジョイしてください。

  1. 人気ビック3はホワイト・シルバー・ブラックの3色
  2. 番外編として人気の出る色に(CM)イメージカラーがある。
  3. 売るときも買うときも価値として高いのは黒と白(パール系)
  4. 価値の高い白と黒はメンテナンス維持もそこそこ大変。
  5. シルバーは手入れがかんたんで傷も汚れも目立たない分、購入時は見落としに注意。
  6. 派手な色代表の赤、青、黄色、緑は不人気な傾向。(一部車種除き)
  7. 不人気色ほど中古車販売価格が安く「買う側」で気に入れば非常にお得。
  8. 派手な色で不人気でも自己予防、目印になるなどの思わぬメリットも有る
  9. 新車の購入と違った価値観で思い切った車選びが可能。

特に新車を購入するときに、売るときのことを考えるとな・・・といつも思っていた人にとって中古車はある意味公平なお買い物ができると考えることができます。