DIY(Do It Yourself)とはそもそも何なのか

DIY=Do It Yourself めちゃくちゃ直訳ですが広義で「自分でやる」ことをDIYといいます。言い出したらキリがないですが専門職の人がやるようなことを自分で作業することをDIYという事が多いですね。

DIYってどういう意味?

自分でやる。という事は書きましたが例えば料理人がやるような料理を自分で作ることはDIYとは言いません。主に日曜大工的な作業がDIYとして言葉の印象そのものになっている気がします。いうなれば外仕事全般でしょうか。

有名なところで言えばガーデニング、ウッドデッキなどなどです。ウッドデッキなんかはDIYのジャンルとしては立派に確立している感じがしますし、私もいつかちょうせんしてみたいなーなんて思っています。

車関係のDIYといえば現在の車はブラックボックス化、HVの登場などでどんどんDIYで出来ることが少なくなってきている反面、ボディーECUの電源制御などをある程度抑えておくと面白いことが出来たり、一昔前とは異なった感じになってきています。

車のDIY作業はどんなことが出来る?

出来ることといえばルームランプやヘッドランプなどの灯火類は昔から不変分野。しかしながらヘッドライトが一部の車種でLEDモジュール化するなど非常にカスタマイズの手が入りにくくなってきている。

ナビゲーションの取付やスピーカーの交換なども定番です。ナビに関しては別体チューナーなどが無くなったので取付の難易度は非常に低くなってきました。反面取り付け工賃はソコソコするので、このあたりに強くなっておくと技術としては良いかもしれません。

スピーカーは天下のトヨタさんがなぜかリベット止めして交換難易度を上げてくるので、とっつきにくいですが道具さえあればかなり簡単です。ドリルとリベッターさえあれば交換できます。

オイル交換などは自分で交換する旨味はないので、自分でオイルを購入して持ち込むのが良いと思います。交換工賃は取られますがその分オイルは自由に選べますし安く購入できます。

後は外装周りのリペア、洗車やコーティングに関しては少しDIYとは離れたジャンルかもしれませんが、自分で行う車のメンテという意味では同じです。

DIYのメリット

結論から言いますとデメリットの方が大きいかもしれません。自分でいじった部分に関しては保証も効きません。

時間に関しても結構かかりますから完全に自己満足の趣味かもしれません。趣味に対してメリットとか求めます?求めませんね。OKです。

ただ頼めば高額になるナビなんかをポンポン自分で付けられるって他人から見ると結構すごいことみたいですよ?最近はナビだけじゃなくてドライブレコーダーなんかも一般的に取り付けられるようになってきましたからAV関係に強いなら自慢しても良いと思います。

例えば取付工賃を調べてみて悦に浸ることもできます。(笑)ちなみにGooPitというサイトで全国の持ち込み取付サービスを検索できます。

車の整備知識があることに関してもいざという時に役に立つかもしれません。工具や診断機が無いと何とも出来ないときが多いので私自身JAFさんに入ってますが(笑)状況判断出来るだけでもナカナカ凄いことだと思います。

最近はやっているスマホアプリに熱中するのも良いですが車いじりの方がよっぽど健全ですよ。とおススメしてみたりもします。