エンジンオイルの種類と選び方

鉱物油、部分化学合成油、全合成油、化学合成油一体どれを入れれば良いのかわからない。そんなあなたのために即効性のある知識と豆知識を。

車のエンジンオイルの種類を分けるとしたら3つ

  1. 鉱物油・・・鉱物から蒸留して生成して成分を調整したオイル。
  2. 部分化学合成油・・・鉱物油をベースに化学合成油をブレンドして性能を向上させたオイル。
  3. 化学合成油・・・フルシンセティックとも呼ばれる100%化学合成で作られており適応温度などの範囲が広い。

紛らわしいので化学合成油と全合成油はあえて分けないようにしました。

化学合成油と全合成油の違い(豆知識?無駄知識?)

API:アメリカ石油協会(American Petroleum Institute) によって定められたベースオイルの分類ではⅠ~Ⅴまでの5段階に分かれます。主に全合成油と表記されているエンジンオイルはⅡ・Ⅲの水素化処理油を指します。化学処理してあるので鉱物油をそのまま使用するよりももちろん高性能。性能自体に偽りはありません。

  1. グループⅠ・・・溶剤勢製油 一般的な表記として鉱物油
  2. グループⅡ・・・水素化処理油 部分合成油とされることがある
  3. グループⅢ・・・水素化処理油(※全化学合成油。フルシンセティックエンジンオイルと表記される製品有)
  4. グループⅣ・・・PAO(オレフィン系)
  5. グループⅤ・・・それ以外。主に高性能オイルといえばエステル系

※全合成油を指すのは主にグループⅢを指し示すメーカーが多いようです。

100%化学合成には違いないのでフルシンセティックオイルと表記してもどちらもOKみたいです。どちらの性能が高いかと聞かれれば本当の意味での100%化学合成油の方が高性能です。

処理方法や添加剤由来ではなく成分そのものが化学合成によって生成されているオイルです。色なども凝った製品が多くて青い色とか透明なものとかいろいろありますね。成分はオレフィン系とか有名どころのエステル系とかですね。

温度による粘度変化が少なく薄い油膜でも高い緩衝・潤滑性能を誇ります。そのため価格もかなり高額ですが。

なので化学合成油表記なのにも関わらずお手頃な値段で高性能をうたっている製品はほぼグループⅢベースオイルの全合成油かと思います。とはいえベースオイルをそのまま使用しているわけでもなく様々な添加剤を用いて生成し最終的な製品としているため「お手頃なグループⅢベースオイルの全合成油」の中でも様々な差があり、実にややこしいことになっているのが現状です。

本当の化学合成油がほしい人は単純なところエステル系の100%化学合成油の表記の製品から選びましょう。

鉱物油の特徴。こんな人は鉱物油をお勧めします

鉱物油と言っても自動車のエンジンオイルにおいて使えないレベルではなく十分な性能を発揮してくれます。先ほどのベースオイルの分類でいえばグループⅠのオイルですね。

粘度指数の範囲に制限があり現在の環境対応型の省燃費エンジンオイルは純粋な鉱物油では対応できなくなってきてしまっているようですが、普通に使用する分には十分です。デメリットは性能低下、劣化が早く粘度が省燃費オイルとしては不十分などが挙げられます。

メリットとしてはその分価格が安価であること、そしてエンジンに悪影響を与えるようなことは無いという事です。省燃費指定の車にも使用できますが、出来れば推奨粘度のエンジンオイルを使った方がいいかと思います。要は安ければいい、特にこだわりはないという人は鉱物油でOKです。

部分化学合成油の特徴。こんな人には部分化学合成油をお勧めします

化学合成油であるエステル系のオイルやオレフィン系のオイルをブレンドしたオイル。粘度、使用温度域に幅を持たせることが出来るため、ガチじゃなけれスポーツ走行なんかも可能です。ターボ車や大排気量車など負荷がかかりやすいエンジンでも安心して使える高性能さと化学合成油ほど高くない価格が非常に魅力的です。

全合成油との境界があいまいで全合成油ブレンドを指す製品が多くなってきている気します。各メーカー成分表記もオリジナル成分を謳っているものが多く正直な感想としてこのグレードのエンジンオイルはカオスとしか言いようがありません。性能も価格帯も混沌としています。

ただ、一番お勧めしたいのはこのあたりのグレードのエンジンオイルです。粘度の幅も広いため省燃費エンジンオイルも多いので、最低限車を大切に乗りたい人や何を入れたらいいのかわからなくて心配という人はこのエンジンオイルを選んでおけば問題ないです。

化学合成油の特徴。こんな人には100%化学合成油をお勧めします

特徴としては上でも一度書いた通り、温度による粘度変化が少なく高温時でも強靭な油膜を保つことが出来ます。そのためスポーツ走行をメインとした人などには非常におすすめです。

私はバイクに乗っていた時に化学合成油を使用していました。バイクはサーキットで走ると10000回転付近の回転域を使用しますし、純正の鉱物油と比較するとエンジンの吹け上がりや熱ダレの感じにくさなどは明らかに体感できるレベルでした。

一方デメリットとしてはその価格がべらぼうに高額なことでしょうか。さらに言えば普通に一般道を走行しているだけならあまりその違いを感じることはないでしょう。部分化学合成や全合成の省燃費エンジンオイルの方がいいでしょう。

エンジンオイルの選び方~ベースオイルの種類だけでは選べません(泣)

本当の意味で選び方を知りたいという場合は規格による性能表示と粘度の知識が必要です。このページのベースオイルの種類を理解しただけでは選べません・・・ごめんなさい。

ただAPI規格の性能表示なんて粘度とベースオイルを選べば後から勝手についてくるので重要なのは粘度です。

文字数が多くなってごちゃごちゃになるので粘度については別ページで解説します。